« テングチョウの産卵 | トップページ | カエルの子 »

キジョランとヤマトシジミ

Dsc_9439Dsc_9443雨上がりのキジョランの葉に溜まった雨をヤマトシジミが舐めている。このキジョランは芽を出してから6~7年経っていると思うが、冬の霜で枯れてしまうのでサツキの枝を延ばして霜よけにした。そうしたところサツキの上にツルを延ばしてくるがやはり上部は毎年枯れてしまう。庭でアサギマダラが羽化するのを楽しみにしているのだが、枯れてしまうのを見越してか彼女たちはまだやってこない。

キジョラン上のヤマトシジミは雨上がり後の薄日に向かって翅を広げ始めた。美しい色をしている。

|

« テングチョウの産卵 | トップページ | カエルの子 »

蝶および蛾の関係」カテゴリの記事