« アカエグリバ | トップページ | 越冬のクサギカメムシ »

ホトケノザとヒメオドリコソウ

Dsc_2591Dsc_2595春の七草にホトケノザがありますが、こちらは別名コオニタビラコ(小鬼田平子)と呼ばれるもので黄色い花をつけるキク科に属するものです。写真のホトケノザはシソ科オドリコソウ属で三界草(さんがいぐさ)とも呼ばれていて、食べられないそうです。食べても旨くないだけだとか毒があるとか聞きますがほんとうのことは知りません。

赤紫色の長さ1cmほどの花がちょうど、異界の人が(坊さんかも)灯かりを持って出迎えているような雰囲気で落ち着きがありなぜか好きな花です。

同じ場所によく生えているヒメオドリコソウは異界の人が住む場所の雰囲気を盛り上げていて畑の中の小さな劇場です。

|

« アカエグリバ | トップページ | 越冬のクサギカメムシ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/63366913

この記事へのトラックバック一覧です: ホトケノザとヒメオドリコソウ:

« アカエグリバ | トップページ | 越冬のクサギカメムシ »