« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の6件の記事

修善寺駅北のマメザクラ開花

Dsc_2761Dsc_2874修善寺駅舎の完成記念として伊豆市に咲く桜を駅舎北側に植えてありますが、皮子平のマメザクラも3本植えられています。皮子平で今年初めて花をつけたマメザクラと同じもの(中伊豆中学校で育てられた)です。修善寺駅でも今年初めて花が一つ付きました。写真左は415日に見つけたときのものです。

皮子平ではお隣さんが枯れてきて遠くなったためか種が付きにくくなっていますが、この3本のマメザクラに種が生ればいいなと思っています。

右側の写真は今年(22日)皮子平で撮った老木の写真です。私は見ることはできませんが、3本のマメザクラが修善寺駅でこれくらいに咲けばいいなと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皮子平植樹のマメザクラ開花

Dsc_2856_2Dsc_2867_307年から行ってきた「皮子平のマメザクラ群再生活動」で、皮子平のマメザクラ種子から育てた苗のうち約70本を中伊豆中学校の生徒によって2012年5月に皮子平に植樹しました。苗の開花が気になって今日の午前中に観察に出かけて来ました。

昨年は花を付けていませんでしたが、今年になってやっと植樹したもののうち約半数に蕾がつきました。二十~三十もつけたものもあります。植樹した木の開花状況は3部咲き程度でしたが、成木は3割程度が満開を過ぎていて去年に続いて開花時期が以前よりも1週間程度早くなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムカシトンボの尻尾

Dsc_2720Dsc_2766今年の私は、3月と4月にスケジュールが重なって非常に忙しい非常事態です。例年ならばムカシトンボが見える時期になるのに足を向けることができません。そこに悪天候が重なってタイミングも悪くなり、時間を作って最初に捜索に入った時は羽化柄が一つ、2回目に行った時は先方に羽化して飛び立ったばかりのムカシトンボが一頭。注意深く身を伏せて追いかけると頭上数メートルの葉の影に身を隠してしまいました。カメラのレンズを望遠に換えて撮ったのが尻尾だけの写真となりました。安価な望遠レンズなので(腕は良いが)画像は今一納得できません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベニシジミの幼虫

Rimg0522Rimg0517今年の写真はまだ撮っていませんが、もう何匹ものベニシジミが飛び回っています。1週間以上前から近くのスイバに青い(緑色の)タイプと赤いタイプの幼虫が数匹います(ギシギシの上にはなぜか見当たりません)。

近づいて写真を撮ろうとするとつかまっている手?を離して地上に落下してしまいます。そのうちに地面の上で蛹になるだろうと思って時々地面をかじってみますが見つかりません。幼虫がまだいるのでそんなに掻き回すわけにいかないのですが、そのうちに全てが蛹になったころあいを見計らってから捜してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZiZy会の花見

Dcf00065Dcf0006743日は森さん宅でテーブルに一輪のサクラをさして、ZiZy会(爺ではない)のお花見をしました。ZiZyとはどこかの国の楽器?で藤さんが中国?から輸入して全員に配布したものです。口にくわえてじーじー・ブーブーと鳴らすやつで、世間で相手にしてくれない人がブーブーと鳴らすと悲壮?な感じの楽器です。

14時に乾杯をして外が暗くなるまで飲み続け、暗くなったら家に入って飲みながら、藤さん持込のクラリネットと森さん所有の楽器で美人歌手のDVDに合わせて、お客さんのいないコンサートとなりました。22時頃までは時間を気にしていましたが、何時にOPENになったことか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狩野川の鳥

Dsc_2491Dsc_2505車のバックカメラが真っ黒になってしまったので317日に交換に行ってきました。取り付けに2時間ほどかかるというので、その間カメラ片手に狩野川の堤防を約1km歩いて見ました。

ウグイスは声のみ、きじも声のみ、続いてホオジロ、すずめ、ムクドリ、ツグミと次々に現われてはポーズ取ってくれます。そのうち川の中でカモに混じって黒い鳥がいます。カワウかなと思ってよく見ると頬のあたりが派手なウミウのようでした。その後、見慣れない可愛い小鳥(エナガ)も出てきました。2時間、目の保養をさせてもらいましたが目当てのチョウたちはルリシジミが1頭のみでほかはまだ見当たりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »