« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の6件の記事

ミヤマアカネ

Dsc_51981Dsc_5066日増しに寒さとともに昆虫が姿を隠して生きます。11月になってからある小学校の自然観察クラブのときはどうなっているのだろうと心配です。

数は減りましたがナツアカネ、アキアカネ、ミヤマアカネが家の周りを飛んでいます。何か気ままに日光浴をしているように見えますが、小さな虫を見つけては舞い上がりすぐに元の位置に戻って目をキョロキョロさせて餌を待っています。あまりにも暇そうなのでミヤマアカネの前に指を出してみました。今までいたところよりも気に入ったのか私の指にしがみつくように止まって目をキョロキョロさせています。一句付けてみました。もう一枚はアキアカネ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の訪れ

Dsc_5180Dsc_5194寒くなり始めると放物線下り勾配のごとく気温は日増しに寒さを増します。身近にいたチョウやトンボも最近我先にと姿を隠しているようです。11月に入ってから小学校の自然観察クラブは何を捜そうかと迷ってしまいます。

それでもまだ今頃は写真のベニシジミ(左)、ヤマトシジミ(右)やツバメシジミ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、成虫で越冬するキタキチョウ、アカタテハなどが時々現れています。そういえば、アカボシゴマダラ、アサギマダラも見かけました。夏には何とも思わなかったのが最近愛おしく見えるのも私の歳のせいでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沼津港

Dsc_5151Dsc_5152芸術の秋恒例の文化祭が一段落したところに遠方から兄弟がやってきました。そういう時にいつも訪れるのが沼津港です。新鮮な魚を使った料理を食した後は辺りを散策して、魚を一本吊り下げて帰り家で刺身を堪能するのが常となっています。

今日は久々の天気に恵まれて(10月としては珍しく気温も30℃まで上がり)沼津港は波もなく行楽には最高な日和でした。ところが、今日は船が出なかったとかで市場は休み状態。残念ながら近海の魚が無く、今日のお持ち帰りはカツオでした。今、板前さんが調理中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナツアカネ

Dsc_5141Dsc_5144久しぶりの秋晴れの太陽が笑顔をこぼしています。朝夕は冷え込み始めましたが昼間は暖かくなりトンボの姿が見えます。去年の今頃はここにアキアカネがテレトリーを張っていましたが今年はナツアカネです。これ以上の赤は無いような真赤かになって私が近づいても逃げようとしません。ここは自分だけの居場所だと言わんばかりに一瞬飛び立ってもすぐに戻ってきます。今日は天気が良かったので写真のISO感度を下げられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツマグロヒョウモン

Dsc_4973Dsc_4977今日はお宮さんの宵祭りなのに9月最初から始まっていまだに不順な天気が続いています。どうしたことやら・・・

おかげで今年は庭の花にも虫たちの姿が見えません。先日のこと雨の隙間を見つけてツマグロヒョウモンが数頭来ていました。雄はきれいな翅が揃っていましたが雌はボロボロの翅です。それでも気にしていないようで元気に飛び回っていました。翌日もその姿でやってきていましたから花の場所を記憶しているようです。例年ならばいろいろな種類のチョウやハナアブがやってくるのに今日は雨ではその姿も見つかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツバメシジミの季節

Dsc_5049Dsc_5051ゲンノショウコの花を8月ころから見かけていましたがまだまだ咲き続けています。

今日は久しぶりに雨降りではなかったのでカメラを久しぶりに持ち出しました。いつの間にか季節が移ってツバメシジミが忙しそうに飛んでいます。家のすぐ裏に咲いたミゾソバに群がっていました。これから秋風が吹くまでが彼や彼女らに与えられた季節です。近くを飛んでいたのは、キタキチョウ、スジグロシロチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリたちです。早く蜜を集めないとなくなってしまいます。いよいよ忙しい季節になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »