« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月の4件の記事

大見思い出コンサート

Dscn2737Dscn27451217日、無事大見想い出コンサートが終了しました。出演団体6団体で、そのうちの3団体がバンド関係です。会場オープンは1230分でしたが、家を朝8時にPAを積み込んで出発しました。機材セット後、筏バンドとしては10分間のリハーサル。私の出演は筏バンドと急遽組んだ懐かしのグループサウンズです。来てくれたお客様から「ヨカッタヨ!」とのお声をいただき、返ってこちらが感謝です。

 当日、トップをきって参加していただいたO川さんから先ほど写真が届きました。いつも証拠写真が不足している筏バンドですからこちらも感謝!感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市内中学校ESD教育発表会

Dsc_5560Dsc_55621210日、市内中学校ESD教育の発表会の招待状が届いていたことを思い出しました。毎年続いているのだが天城山のことについてお話をしているのでお招きをいただいたのです。気がついたその足で向かったので時間が早すぎ、最近立ち寄っていない浄蓮の滝に足を向けました。まだ観光客も無く閑散としていましたが写真を撮るのにはもってこいの状態です。

時間を見計らって発表会の会場に着くと、他の展示物と混じって、初めての試みである生徒たちの写真俳句がずらりと並んでいます。一枚ずつうなずきながら句を読んでしまいました。気持ちを表そうとするので長文よりもストレートな単語が並んでいます。そのあとステージの方の発表会を聞きに行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

哀愁

Dsc_5527Dsc_5529これも12月2日撮影の写真ですが哀れみのある写真なので写真俳句のネタに使用かと思いストックしたものです。弱い日差しの差す河川敷の藪の中で見つけました。脚の棘がすごいのでムシヒキアブの仲間かなと思いきやハエの仲間のようです。「ヒメフンバエの♀」のようです。名前が示すとおり幼虫は糞食、成虫は肉食とのことです。体長は10mmほどしかありませんがこの体格ならばムシヒキアブのようにして小さな虫を捕まえるのはわけないことだと想像がつきます。近くでベニシジミがこれも哀愁のある雰囲気で既に花の終わったブタクサで翅を休めていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初雪

Dsc_5480Dsc_551111月24日、私も生まれてはじめての体験でしたが初雪が降りました。大して積もるほどではありませんでしたが、初雪は12月の終わりか1月初めに見るのが普通です。これで今年はチョウを観るのも終わったと思っていたのですがその後の暖かさで、まだまだ飛び回っています。ツバメシジミは12月2日に1頭見たのが最後ですが、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ツマグロヒョウモン、スジグロシロチョウやキタキチョウが健在です。キタキチョウは越冬するねぐらを捜しているのか落ち着きがありません。ヤマトシジミのテレトリーに入って追い払われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »