« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の3件の記事

アサギマダラの幼虫

Rimg0719Rimg0722アサギマダラは2000km近くも旅をするチョウだということで有名ですが一匹のチョウがどれくらい飛んでいくのかはまだまだなぞが多いようです。数日前にその幼虫を十数匹見つけたとのハガキが舞い込みました。我が家から数キロメートルの場所なので早速見に行ってきました。

そこには20cmほどの葉に食痕をモザイク状にしたキジョランがありました。食痕は古いものでしたが葉を裏返してみると「いた!いた!」アサギマダラの幼虫がいました。ここは標高100mより少し高いところです。私の家(標高320m)にもキジョランがありますが冬の霜で枯れてしまうのでアサギマダラは寄り付きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のチョウ2

Dsc_5600Dsc_5601昨日の夕方、遅れていた山葵の苗が入荷してきました。さあ大変、すぐに植えなければと今日は寒い中朝から山葵の定植作業となりました。写真を撮る間もないので後日アップできるかな~という感じですが・・・

ところで、1月は越冬チョウ以外に見かけることはない季節ですが、今年は12日(気温は13℃でした)にベニシジミが現れました。写真は2枚とも同じベニシジミさんです。太陽に背を向けて翅を開いて日光浴をしていますが、意地悪な冬の空はすぐに雲が現れて太陽を隠してしまいます。いつまで生きていられるのでしょうか?友だちも既に姿は見えなくなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のチョウ1

Dsc_5578Dsc_5581新年を迎えた12日。気分を取り直してブログ投稿の再開です。

右の写真は1221日に撮ったもので、この頃はもう冬の最中に入ったと言ってもいい時期です。山葵沢への道、ヒラヒラと足元にムラサキシジミが舞い降りました。暫く眺めていましたが一向に翅を開こうとはしません。(開けば紫色のきれいな写真が撮れると待っていたのです)それでも閉じたままの裏翅の写真を何枚か撮りました。この時期にしては翅も破れてはいないできれいに揃っています。同じところで向きを変えては行ったり来たりしています。今年は暖かいのかいつまでもチョウが飛んでいます。(ムラサキシジミは成虫で越冬をします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »