« つくし | トップページ | ビロードツリアブ »

オオイヌノフグリとホトケノザ

Dsc_5865Dsc_5880写真の草(花)が春の訪れを一番最初に告げてくれます。春を告げるというより冬の真っ只中に咲き始めます。そして春には群生します。1cmくらいの左側の花は可哀想な名前がついていて「オオイヌノフグリ」といいます。名前のいわれや漢字を調べないでください。花言葉は「信頼・神聖・清らか・忠実」とのことでまともなのです。右側の花は「ホトケノザ」。春に咲くホトケノザと言えば春の七草かと思ってしまいますがこのホトケノザは食べられません。というか、食べてもおいしくない、毒があるとか言われています。もともと春の七草とはぜんぜん関係ないですが無責任な名前です。

|

« つくし | トップページ | ビロードツリアブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/65129186

この記事へのトラックバック一覧です: オオイヌノフグリとホトケノザ:

« つくし | トップページ | ビロードツリアブ »