« カラスノエンドウとカスマグサ | トップページ | 春ですね~ »

アセビとコツバメ

Dsc_6900Dsc_6941_34月中旬から5月はじめにかけて天城山の山中はアセビの花が満開です。周りは鹿の食害に遭っていますが、アセビ(馬酔木)を鹿は嫌いなので食べられずに元気にすずらんのような釣鐘型の花がぎっしり咲かせています。

実はこの木に卵を産み付ける小さなシジミチョウの仲間で「コツバメ」という蝶がいます。2cmほどの小さな蝶です。スプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼ばれ、1年のうちでこの時期にしか現れません。52日、標高1000mほどの皮子平を一人で歩いていると目の前で待っていてくれました。嬉しくて写真に句を付けちゃいました。

|

« カラスノエンドウとカスマグサ | トップページ | 春ですね~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176661/65232766

この記事へのトラックバック一覧です: アセビとコツバメ:

« カラスノエンドウとカスマグサ | トップページ | 春ですね~ »